横山製薬株式会社

イボコロリの歴史

イボコロリの誕生

横山製薬株式会社の創業者・横山長次郎は1900年( 明治33年) 兵庫県明石市で煎じ薬や丸薬等の医薬品製造業を開始しました。
主力商品である『イボコロリ』は、兵庫県明石市から岡山県まで1軒1軒イボができている方に使用してもらい薬の効果を確かめるという地道な作業を繰り返し発売に至りました。
戦後、2代目社長の横山茂が中心となって、全国紙を含む新聞媒体や雑誌、テレビ等での広告宣伝に注力し、わかりやすくストレートなネーミングも相まって、「イボの治療といえばイボコロリ」とすぐに想起されるほど知名度を広めていきました。現在でも「ウオノメ、タコ、イボ、イボコロリ~♪」というCMソングや、そのメロディーに合わせて動くアニメは多くの方に親しまれています。また、シリーズ商品として1998 年( 平成元年) には、絆創膏タイプの「イボコロリ絆創膏」、2012 年( 平成24 年) には、顔や首のイボ対策用に「イボコロリ内服錠」の販売を開始しました。これらは、全国の販売店からの情報やお客様からの声が、開発の源泉となっています。

姉妹商品の誕生

主力商品である『イボコロリ』がヒットする中、1996年(平成8年)「 ウオノメコロリ」を発売しました。
ウオノメコロリはイボコロリの主成分であるサリチル酸に加えて、乳酸が配合されています。乳酸は皮膚の角質の剥離促進、柔軟化が進んだ後に古くなった皮膚を再生し柔軟性を回復する役割をになっています。 
 また、イボコロリとの違いはウオノメパッドが付属されていることです。患部を押して痛むのが「魚の目」、痛まないのが「タコ」という識別方法が一般的であり、歩く際に痛みを伴う「魚の目」の痛みの緩和に役立てて頂きたいとの思いが込められています。

新商品の開発に注力

横山製薬は創業当時から現在まで、『お客様の声』に耳を傾け、皆様の悩みに寄り添う製品づくりを行ってまいりました。
 コーポレートスローガンである『あなたの悩みイチコロリ』をモットーに、これからも、今までになかった価値を持った横山製薬ならではの品質であるOnly Y Quality でお客様の期待を超える満足を提供していきます。

 

 

Copyright© Yokoyama Pharmaceutical co.,Ltd All Rights Reserved.